最新記事

ポジティブな言葉の効果!ネガティブ思考を吹っ飛ばす3つの行動とは?

こんにちは画家の籏山隆志です。

絵の素材探して地元愛知県刈谷市を中心にして歩き回っています。

絵描いたり、ブログの記事書いたり、楽しい事やってるはずなのに、

「できません!」

「やれません!」

「無理だ!」

「時間がありません!」

なーんて思考に絡み取られて、

「身動きがとれな~い(ToT)」

って、なったりしませんか?

上のセリフ、私のまわりや、職場でもよく飛び交う言葉なんですね。(^^;

でも、ネガティブ思考やネガティブ言葉は自分の人生を苦しくて不幸なものにします。

と言う訳でそこのあなたもポジティブに行こう。

「んなこと言ったって急にポジティブになれないよ」

「簡単にポジティブになれるなら苦労しない。」

なんて声が 聞こえてきそうですが、大丈夫!

私が効果を感じた3つの行動を実行してみましょう。

それでは、さっそく見てきますね!


ポジティブな言葉の効果!大切な3つの行動とは?

1週間ほどで効果が表れ

1ヶ月もすれば、あなたも簡単にポジティブになれる。

もともとインキャラでネガティブ思考の私がポジティブ思考に変わり、行動もアクティブになった。

その方法をお話しします。

ポジティブな言葉で健康になれる方法!

さっそくですが、具体的な方法を紹介します

その・ 感謝をする!

「仕事があってありがとう 」

「家があってありがとう 」

「食事ができてありがとう」

「 服が着れてありがとう 」

「結婚してくれてありがとう 」

「子供たち、生まれてきてくれてありがとう」

嫌な人 、キライな人 、自分に向かって悪意を向けて来る人、

それはなんらかのメッセージ 。

その人の姿を、行いを、話す言葉を、

よく見て、耳を傾けてみましょう。

その姿は、 

自分が一番見たくない自分自身の、最も醜い姿を見せてくれているかもしれないのだから、

「気づかせてくれて、ありがとう!」

誰もいない場所でいいので、独り言のように 口に出して言ってみる。

その2・鏡を活用しよう!

 鏡に映った自分に向かって

「お前はできる」

「お前はポジティブになれる」

と言う。

その・ ポジティブ日記をつける。

3行程度でいいからポジティブ言葉で日記を書く

「なーんにも書くことがなーい」

なんて時は反対言葉でもOK

「疲れた~」じゃなく「大丈夫、疲れて無い」

「嫌だな~」じゃなく「嫌じゃ無い」

「楽しく無い」じゃなく「楽しい」

無理やりでもなんでもポジティブ言葉に変換して書く、口に出して言葉にする。

どうでしょうか。どれも習慣化しやすい行動だと思いますよ。

では次に、そんなポジティブな言葉のパワーについて、もう少しお話ししていきましょう。


ポジティブな言葉のパワー(効果)はすごい!

ポジティブな言葉で行動的になり 、

色々なことに チャレンジしてみたくなる。


以下引用文

樺沢紫苑

『アウトプット大全』

( サンクチュアリ出版、 2018年、202頁)

新しいことにチャレンジすると、脳内物質・ドーパミンが出ます。

ドーパミンは、

「楽しい」という感情を引き起こすの幸福物質ですが、

 同時に「新しいことを学習する」ことをサポートする学習物質でもあります。 

ドーパミン が分泌されると、集中力が高まり、 やる気も高まり、 記憶力が高まり、 学習機能が高まります。

 結果として

効率的な学習が行われて、自己成長が引き起こされます。

自分が成長している と感じれば 気分も 高まってきます。

引用文ここまで

当然それによって体の調子がよくなるし、

体の調子がよくなれば考え方も、行動もポジティブに変わってきます。

これまでポジティブな言葉の効果についてお話ししましたが、次に反対のネガティブ言葉について見ていきましょう!


ネガティブ言葉は体にワルい!

ポジティブな言葉の効果についてお話ししてきましが、つぎはその反対にネガティブ言葉の悪い影響です。

どんな悪い影響がでてくるかお話ししますね。

・不平

・不満

・愚痴

・泣き言

・弱音

・ぼやき

・人の悪口

・陰口

・批判

・説教!

例えば、

「〇〇の奴、なんであんな愚図でノロマなんだ!」

「〇〇っ!お前はホントにバカだっ!」

なんて悪口を言ったとすると、

人間の脳って高度に作られているけど

割とアバウトな所もあって

「〇〇の奴、・・・」「〇〇っ!・・・」

の〇〇の部分、主語を認識しない、

悪口や陰口を言うと自分の脳は、これは自分自身に言われた言葉だと錯覚します。

どういう事かというと

「愚図でノロマなんだ!」

「ホントにバカだっ!」

の部分が自分に向けて言われた言葉だと思ってしまう。

ネガティブ言葉ばかり多用していると自分の脳に非常に悪いダメージを与えることになる。

では、もう少しネガティブ言葉についてお話しますね。


ネガティブ言葉は人間関係を崩壊させる

職場であれ家庭であれ ネガポジの法則が崩れると 人間関係が確実に崩壊する。

ネガポジの法則っていうのは 1:5 、ネガティブ言葉とポジティブ言葉の比率の割合で、

ネガティブ言葉が 1 に対して ポジティブ言葉が 5 以上ないとその人間関係は 間違いなく崩壊するというものです。

相手に向けて 1 つのネガティブ言葉を発っしたら、

それを中和するには 5 以上のポジティブ言葉が必要になる。

自分の家で家電がよく壊れる家は、家の中を観察していると

・ネガティブ言葉、発言が多い。

・怒ってばかりいる人がいる。

電気という「気」で動く家電が怒気、悪気、邪気にたいして良い影響をうけるはずがありません。

だから壊れます。

         人の言葉には すごいパワーがあり

                           言霊が宿る❗        

自分がこうすると言葉にした瞬間に自分の周りの世界がその方向に動き始める。

ポジティブな言葉を発すればポジティブな方向に、

ネガティブな言葉を発すればネガティブな方向にあなたの人生の歯車が動き始めます。

なので言葉の使い方には充分気をつけくださいね。

それでは最後に、これまでの内容をまとめておきます。


まとめ

今回はポジティブな言葉の効果についての

お話でした。

ポジティブ思考になるには、

1・ 何事に対しても 感謝をする

2・  鏡に映った自分に対して

    「できる」

    「 ポジティブになれる」

 と言って聞かせる

3・ ポジティブ日記をつける

そうは言ってもどうしてもネガティブになる時は、

・楽しいことを考える 。

   なんでもいい、

  「コンビニスイーツ旨かった~!」

でも、

  「道ばたに咲いてた花、きれいだったな~。」

でもいいから、なんでもOK!

・ ネガティブな思いを 、

  ネガティブな言葉を 紙に書きなぐって

  後はゴミ箱へ叩き込むようにして捨てて忘      れる。

チョロチョロ思い出さない。

思い出しそうになったら楽しい事を考える。

以上のようなやり方で 私はポジティブ思考に変わることができました 。

あなたも是非一度試してみてください、

 ポジティブ思考になれること 間違いありません。

ポジティブ思考で、幸せで楽しい人生を送りましょう。

最後までおつきあいいただき、ありがとうございました。

それでは失礼致します。